GABAの特徴と効果の解説

・GABAの特徴

GABAとは動植物、人間の体内にも存在している天然アミノ酸の一種で、γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)の省略形としてGABA(ギャバ)と言われています。

アミノ酸はタンパク質を構成する成分として知られていますがGABAは主に脳、脊髄で抑制性の神経伝達物質として作用します。

興奮の抑制、リラックス効果があるのでトップアスリートがストレス対策に使用しているケースも少なくありません。

また近頃はGABA含有食品がいろいろ販売されていてストレス対策の商品として幅広い世代の人に利用されています。
ストレス対策以外にもGABAには様々な効果が期待できるので注目の成分と言えます。

・GABAの効果

GABAの代表的な働きとしては精神を安定させる抗ストレス作用を挙げることが出来ます。

GABAは脳に存在する抑制系の神経伝達物質でストレスの緩和や興奮した神経を穏やかにする作用があります。

その訳はドーパミンといった興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑制することでリラックス状態へと導いてくれるからです。
ストレス社会と言われる現代においてGABAは必要不可欠な成分と言えます。

元々体内に存在する成分なのですがストレス緩和の為に使用されて不足しやすい状態となっています。
本来は体内にあるGABAや食品からの摂取で十分なのですがストレスや加齢により体内のGABAが減少し不足してしまいます。

GABAが不足したら興奮系の神経伝達物質の過剰分泌が抑制できず緊張した状態となってしまいます。
その結果就寝時にドーパミン、グルタミン酸が活発となり睡眠導入を妨げてしまいます。だからGABAには安眠効果があると言えますし、睡眠サプリなどの成分としてGABAは配合されています。

それとGABAには体の深部の体温を下げることで眠気を誘い快眠を促進する働きがあるので就寝する1時間から30分程前にGABAを摂取することをお勧めします。

他にもGABAには体内で血液に吸収され血圧を上昇する原因となるノルアドレナリンの分泌を抑制する作用があります。

さらに腎臓の働きを活性化して塩分を排出、高血圧の予防効果があると言えます。その上GABAには高血圧の場合のみ血圧降下作用があります。あとは腎臓、肝臓といった内臓の働きを活性化して血液中のコレステロールと中性脂肪を調整する働きが期待できるので生活習慣病の予防にも有効と言えます。

それから成長ホルモンの分泌を促して脂肪の代謝をアップするのでダイエット効果も期待できます。

そしてGABAは脳内の血流改善効果があり脳への酸素量を増加する働きがあるので脳細胞の代謝機能が高まり活発になります。

その結果記憶力と学習能力がアップしたり、アルツハイマー病の予防と改善、さらには脳障害の後遺症を改善する効果があると言えます。

GABAの効率的な摂取方法

GABAを多く含む食品としては発芽玄米を挙げることが出来、100g中に10mgのGABAが含まれています。

これは白米の10倍程の含有量なので白米を発芽玄米に代えるだけでGABAの摂取量を増やし健康になることが出来ます。

あとはトマト、ナス、アスパラガス、南瓜、きゅうり、メロン、みかんといった野菜や果物、さらには漬物、やムチといった発酵食品もGABAを含んでいます。

近年はより効率よく摂取する為にGABAを含んだチョコレート、飴、コーヒー、醤油といった食品が製造され販売されています。

GABAの摂取目安と副作用

GABAの摂取目安は1回に30mg以上で効果をしっかり実感したいという人は50mgから100mgのGABAを食品やサプリメントより摂取することをお勧めします。

GABAを摂取することでストレス軽減といった効果が期待できますが、サプリメントを利用する場合に気になるのが安全性と言えます。

現在の時点ではGABAは大量に摂取しない限り副作用の心配はないと言えます。
ですが1日1000mg以上を摂取すると動悸、息切れ、吐き気、唇の痙攣といった症状が見られる場合があります。

ですが食品からそれだけの量を摂取するのは不可能ですし、サプリメントや健康機能食品の摂取量を守れば問題ありません。
ですが持病のある人、抗うつ剤、血圧降下剤を服用している人は医師に相談した上で摂取するようにして下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です